脱政党政治のパーシャル連合
チーム日本

~夢・愛・希望の日本へ~

一緒に創りましょう
子ども達の未来のために!

代表挨拶

この夏の参議院選の最中に起きた安倍晋三元総理の衝撃的な死、世界の首脳陣の退任、エリザベス女王の死去など、世界の状況はコロナ騒動以降、目まぐるしく変化の一途を辿っています。ロシア、ウクライナ問題など不穏な空気の流れる中、平和の尊さに気づかされます。

生活と政治がこれほどまでに連動し、影響を及ぼす実態を目の当たりにし、統一地方選へ向けて、私たちは何ができるのか?何をすべきなのか?自身に問いかける日々が続きます。

感染症の診断に世界中で使われ続けてきたPCR検査や、異常なまでのマスク着用の強要と、煽られるワクチン接種の妥当性。
憲法改正が他国によって誘導される現状下、国連憲章の中から消されることの無い敵国条項の存在は巨大な影を落としています。

世界中を飲み込んで始まったコロナ騒動と、憲法改正の行く末の連動性に危機感を覚える者たちが、
心を一つにして【チーム日本】を発足させました。

全国有志議員の会からは、長嶋副代表、愛知県知事選挙に立候補した末永けい氏、自然共生党代表の谷本誠一氏、そして、参議院選挙で戦った青山まさゆき氏、うた桜子氏、高橋やすし氏、サルサ岩渕氏。
アドバイザーとしていち早くコロナの欺瞞に気が付き発信を続けた大橋眞・高橋徳氏、全国をまたにかけ研究者としての見識を世に問うている井上正康氏、ナカムラクリニック院長中村篤史氏。名古屋有志医師の会代表、浅井富成氏、日防隊の石濱哲信氏、アマゾン発禁書「新型コロナワクチンの正体」を世に問い、政治団体市政の会、市民をつなぐ党を運営する内海聡氏。救済の先頭に立って戦い続けるコロナワクチン被害者駆け込み寺代表鵜川和久氏、医療・環境ジャーナリストの船瀬俊介氏、重要無形文化財総合指定保持者及び文化庁の日本遺産大使でもある大倉正之助氏らと共に脱コロナ、緊急事態条項阻止の2点を掲げチーム日本を立ち上げ、令和4年9月23日設立発表と相成りました。


先ずは、令和5年4月の地方統一選に向けて、住民自治の基本である、地方から共に声をあげて参りましょう!

プロフィール

チーム代表キャプテン

池田としえ(いけだ としえ)
プロフィール

日野市議会議員
全国有志議員の会 代表
全国子宮頸がんワクチン(HPVV)被害者連絡会事務局長
新型コロナを考える会事務局長

池田としえ公式サイト https://ikeda-toshie.com/

戦略担当

長嶋竜弘(ながしま たつひろ)
プロフィール

現鎌倉市議会議員
全国有志議員の会 副代表
完全無所属・トップ当選
兄が小説家・鳴神響一

長嶋竜弘公式サイト http://kamakurasi.com/
鎌倉情報館     https://plaza.rakuten.co.jp/kamakurasi/


谷本誠一(たにもと せいいち)
プロフィール

呉市議会議員6期目

子ども達が食べるものへの食育の啓発や、地産地消の食材を使った給食の推進、児童相談所の問題にも取り組む。

児童生徒の健康を守るためノーマスクを提唱する、コロナワクチン問題のパイオニア。

令和3年6月、コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会発起⼈として、厚労省に嘆願書を提出。
令和3年12月、ワクチンパスポート反対嘆願書の発起人として、厚労省・内閣府に嘆願書を提出。
令和4年9月、ノーマスク・非消毒者への宿泊拒否に係る法改正反対嘆願書の発起人として、署名活動を開始。


自然共生党 https://shizen-kyosei.jp/
谷本誠一  https://www.sss2001.net/


高橋やすし(たかはし やすし)

プロフィール

慶応義塾大学大学院工学研究科修士課程修了、博士(工学)

㈱本田技術研究所に約31年間勤務、ホンダの自動車・二輪車開発において、大気汚染対策・省エネ・安全問題など に携わる。アメリカ駐在も経験あり。

 千葉大学大学院特任教授として発電用ガスエンジンの研究プロジェクトを推進。

現在、埼玉工業大学 非常勤講師と して、自動車工学概論の授業担当。

専門分野:内燃機関、電子制御、数値流体力学

末永けい(すえなが けい)
プロフィール

愛知県春日井市議会議員3期12年目任期途中に春日井市長選挙立候補。

愛知県知事選挙候補予定。

全国有志議員の会所属。

令和3年6月、コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会に参画、厚労省に嘆願書を提出。

愛知県民チャンネル


うた桜子(うた さくらこ)

プロフィール

漢方化粧品会社社長

エルサルバドル大学 薬学化学部 卒業

元千葉大学大学院免疫細胞医学所属研究職員

2022年参議院選挙千葉立候補(自由共和党)

サルサ岩渕(さるさいわぶち)
プルフィール

文教大学情報学部卒業

元プロボクサー 元会社員 個人事業主 ダンスインストラクター

東日本大震災後 「脱原発」 と刺繍したトランクスを履いてリングに上がり、 「脱原発ボクサー」  と呼ばれる

既得権益層の利権構造を暴く市民メディア「TTBジャーナル」代表理事

2021年7月 東京都議選に世田谷区より立候補
2022年7月 参院選長野選挙区より立候補
2023年4月 世田谷区議選に挑戦予定

信条 個人の心の自由 真実の追求 フェア精神 差別の撤廃 多様性の実現 人に優しい社会を目指す

https://go2senkyo.com/seijika/181630

中村篤史(なかむら あつし)
プロフィール

勤務医を経て2018年4月に神戸市中央区にて、内科・心療内科・精神科・オーソモレキュラー療法を行う「ナカムラクリニック」を開業。対症療法ではなく、根本的な原因に目を向けて症状の改善を目指す医療を実践している。

・オーソモレキュラー医学会会員
・点滴療法研究会会員
・CBDオイル研究会ボードメンバー

翻訳本:「オーソモレキュラー医学入門」論創社より
著書:「コロナワクチンの恐ろしさ」成甲書房より

   「コロナワクチン、被害症例集」ヒカルランドより

   「コロナワクチン 接種の爪痕(つめあと) ~遺族の叫び」ヒカルランドより

ナカムラクリニックnote


鵜川和久(うかわ かずひさ)
プロフィール

1970年生まれ。

伏見工業で恩師に出会いラグビー部へ。
全国大会ベスト8 中京大学へラグビー推薦。
親父の死後挫折し闇社会で一旗あげるが、抗争に負け廃業。
借金地獄へ転落し、そこで就職した会社で人としての大切な心を学ぶ。
その後、タイの伝統医療と出会い現在15店舗のサロンを経営。
命を守る大義の為、コロナワクチン被害者駆け込み寺、企業オーナー有志の会を立ち上げ啓発中。

タイ王宮式セラピー バーンハナ 
https://hana-group.asia/
コロナワクチン被害者駆け込み寺 https://567kyusai.com/
企業オーナー有志の会      https://kokoroowner.com/


内海 聡(うつみ さとる)
プロフィール

TokyODDC院長

NPO法人薬害研究センター理事長

(株)日本再生プロジェクト代表取締役

(株)ひまわりチャイルドアカデミー代表取締役

一般社団法人情報医療機器研究会代表理事

市民がつくる政治の会代表 https://tsukumin.org/

市民をつなぐ党事務局長  https://shiminnoto.jp/


アドバイザー

大橋眞(おおはし まこと)
プロフィール

京都大学薬学部卒、医学博士、徳島大学名誉教授、モンゴル国立医科大学客員教授

専門は感染症、免疫学。マラリア・住血吸虫症などの感染症をモデルとした免疫病理学や診断法開発、自己免疫疾患に対するワクチン研究を専門としながら、市民参加の対話型大学教養教育モデルを研究してきた。開発途上国における医療の課題解決にも取り組んでいる。

https://researchmap.jp/read0170968
大倉正之助(大倉おおくら しょうのすけ)
プロフィール

重要無形文化財総合指定保持者
能楽師 囃子方大倉流大鼓

大倉流小鼓十三世祖父・故大倉長右衛門、大倉流小鼓十五世父・故大倉長十郎より小鼓の稽古を受け九歳で能舞台 独鼓『難波』初舞台。その後、大倉流大鼓長老、故吉田太一郎師より大鼓の稽古を受け十七歳で舞囃子『小袖曽我』大鼓に転向する。葛野流大鼓 故瀬尾乃武師(人間国宝)に師事。伝統的な能舞台での活動と1979年より継続する能楽普及活動の一環として鼓や能楽囃子を中心とする体験授業を各教育機関に於いて展開。また大鼓独奏及び 大鼓連調様式を編み出し、各国の式典、大会のオープニングセレモニーで大鼓独奏および連調を披露する。 大鼓連調に於いては第六十二回伊勢神宮式年遷宮記念式典にて大鼓 三十六連調、鶴見總持寺、東日本大震災一周忌法要では大鼓百三十六連調を披露した。
船瀬俊介(ふなせ しゅんすけ)
プロフィール
医療・環境ジャーナリスト
九州大学理学部を経て上京し、早稲田大学第一文学部に入学。
日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加後、独立。
独立後は消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行っている。
また、著書「買ってはいけない」200万部大ベストセラーで話題を呼び、「抗がん剤で殺される」で一大センセーショナルを巻き起こす。
独特の語りで、現代医療の矛盾と問題点に鋭くメスを入れる。

船瀬俊介公式サイト http://funase.net/
高橋 徳(たかはし とく)
プロフィール

高橋徳『ドクター徳(とく)』は、関西の病院で10年間消化器外科医として、胃腸疾患の医療に従事する傍ら、鍼治療を習得し慢性疼痛の患者に応用してきました。1988年の渡米後、鍼治療の作用機序の解明の研究に着手しました。「アメリカ鍼学会」の主催する鍼治療セミナーにも参加し、東西の鍼治療の現況を体験しました。院長自らが、日本・中国・米国で学んだ種々の手技を総合的に活用して、日常の治療にあたっています。
浅井富成(あさい とみなり)
プロフィール

名古屋有志医師の会 代表
浅井医院(名古屋市守山区)院長。
2020年12月1日に”かかりつけ医”として全国でいち早く「コロナ対応発熱ドーム」を建て外来受け入れ態勢を整え2500人以上を診察し、1000人以上の陽性者の治療を行う。また、プロレス”AEDマン”としても多くのマスコミに取り上げられ人気キャラクターにも。
名古屋市医師会広報担当理事、愛知医科大学同窓会理事長など歴任。

名古屋有志医師の会 Facebook
井上正康(いのうえ まさやす)
プロフィール

健康科学研究所所長
大阪市立大学医学部名誉教授

「健康長寿美」の入手法について、知識の切り売りではなく、専門分野を超えて森羅万象を鳥瞰図的に解りやすく解説する健康科学研究の第一人者。専門分野は、栄養エネルギー代謝・疲労科学、生活習慣病学、脳科学、災害科学など幅広い。「世界で一番受けたい授業」出演等、マスメディアでも活躍中。
青山まさゆき(あおやま まさゆき)
プロフィール

自由共和党代表
弁護士
元衆議院議員
1962年 静岡市駿河区にて出生
1980年 静岡県立藤枝東高校 卒業
1986年 東北大学法学部 卒業
1992年 司法修習所入所
1994年 静岡市葵区にて弁護士開業
2017年 第48回 衆議院議員選挙 初当選
2020年 会派「日本維新の会・無所属の会」に合流
2022年 自由共和党を代表発起人として立ち上げ

青山まさゆき公式サイト https://www.aoyama-masayuki.com/
石濱哲信(いしはま てつのぶ)
プロフィール

海上自衛隊対潜哨戒機機長

操縦教官。民間航空会社パイロット

2019年、世界大変の中で日本が標的にされていることに気付き、多くの人達に伝えるとともに日本国内の人々の生命と財産を守るべく、民間活動組織の必要性を痛感し令和元年9月に『一般社団法人日本安全対策推進機構』を設立。この中で防災・防犯隊を設けて活動しています。


チーム日本の目的

脱利権政党政治、民主政治を取り戻す!

このままでは、我が国日本が危ない。
利権中心の政党政治から脱却して、地方議会に「民主政治」を行える議員を送り込み、子ども達の未来を守る為に、我が国日本を、皆さんと一緒に取り戻す。


既存政党政治から脱却する為のパーシャル連合(=部分連合)

・各政治団体や個人とつながりパーシャル連合を組んでフレキシブルに選挙・政治活動を行う。
・政策的な事は各団体・個人の考えを縛らず、地域に合わせた柔軟な対応を行う。
・地域の住民の声を拾う政治活動を主体として、行数チェックと政策提言を行う。


【チーム日本】応援団体


全国有志議員の会
新型コロナワクチン被害者駆け込み寺
新型コロナを考える会
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会
自由共和党

インフルエンサー支援者一覧

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

公認推薦者一覧

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

一般サポーター登録フォーム

チーム日本はサポーターを募集しています。
サポーターは文字通りチーム日本の応援団であり、個人で登録していただくものです。今後予定される統一地方選挙などで、発足の趣旨である、・脱コロナ+憲法改正反対を貫き、来るべき選挙における訴えと実現に向け、広く政策を共有し、共に歩んでいく集団を形とし、皆様と共に、国民の安心安全な暮らしに寄与してまいりたいと存じます。コロナの事、時事問題など多岐にわたるニュースを無料配信してまいります。呼びかけなどご賛同いただけるイベントなどにはぜひ積極的にご参加ください。個人情報の指針については以下をご覧ください。チーム日本の目的、活動にご賛同いただける方は下のボタンのいずれかを選びご登録をお願い致します。

お問い合わせ

ご意見やご質問をお問い合わせフォームにて受け付けております。
必要事項をご記入の上、「送信」を押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。